ELEAGUE Season1 GroupC Astralis vs SK

昨日のAstralisはかなりツライゲームを全勝で仕上がることができた。これはこういう類ではまったく大きな結実で、厄介でのコーチの列席もののに類経由がまるごと現実的になった本質だった。特にdeviceがキレキレだったのと、コーチのzonicが予想以上の傾向で十分に戦力として機能していたのが大きかった。
関するSKは1勝1敗と今ひとつ本質。
あれだけときの悪いpitaを抱えるCLG相手に1地図落としたのは甚だ痛く、反応を薄くせざるを得ない。
根っから方法面ではAstralisの程度は大きい上に、zonicも仕事をできるとなれば、Astralisとなりが圧倒的に有益となる。
SKは穴を賢くつけるかが糸口の一つだったが、それがたいして効果がないとすれば正面から当るしか無く、酷いゲームになりみたい。

着目奏者はzonic、device。更にdeviceはこういう逆境に燃えているのか時時凄い遊びをのぞかせるので要着目。ロスミンローヤル 市販

ELEAGUE Season1 GroupC Astralis vs SK

どちらが好み? いまどきのかき氷と、いにしえのかき氷。

暑い夏はどうしてもかき氷。いまどきのかき氷の長所は、フワフワイメージが力強いですね。口の中に押し込めると、すうっと溶けていくような趣。それからシロップのナチュラルイメージ。余裕甘さと言うか、くだもの自体の味覚と言うか、ほんとにさっぱりしていらっしゃる。勿論これはこれでまったく旨いのですが、人がへそ曲がりにできているからでしょうか、昔のかき氷も食べたいなとつい見紛うのです。昔のかき氷って、荒く削られていましたよね。口の中に入れて噛むとジャキジャキ雑音がするような、そんな感じだ。それからシロップは毒々しい原色で、頭にガツンとくる甘さがありました。現世そんなかき氷はどこにもありません。もう一度絶滅してしまったかなとあきらめかけたケース、なんとか見つけたのです。焼肉食べ放題のおショップにあった、自分で作るかき氷。大人にもキッズにも好評がなくて、誰も聞き流す先端でしたが、「ビビッビビッ」と、独り興奮してしまいました。ミュゼ 100円 申し込み

どちらが好み? いまどきのかき氷と、いにしえのかき氷。